トレース練習のやり方は?簡単なイラスト上達法

描き方

どうも、ハルタローです。

 

私は、イラストレーターさんの作品をみて
取り入れてみたい作風とか、色彩使いがあったら
トレースして独自に研究してみることにしています。

 

なんでトレースするのかというと
イラスト練習の中で

 

一番簡単だし、
力がつくし
すぐ取り掛かることができるからです。

 

イラストの練習をするのには
トレース練習がいいよと言われたものの、

 

何をすればいいのか分からない
どのようにやればいいか分からない
ときのために

 

「トレース練習」のやり方や効果を解説したいと思います。

 

トレース練習(又はトレス練習)は、
イラストの上からなぞり描きすることを言います。

 

 

トレース練習一つを取っても
いろいろな練習方法があるので

 

自分のレベルや、必要に応じて定期的に
やることをお勧めします。

 

また、注意点なのですが、
トレースだけガムシャラにやっても
自分のイラスト画力が急激に上がるかというと
ちょっと違ったりします。。

 

あくまで、洗練されたイラストを知るための
行為だと考えるのがいいなーと思います。

 

知るというのは
創作のなかで
すごく必要なポイントです。

 

知識がないと
なにも生み出せません。

 

あと、トレース練習自体、
うまいイラストを自分でも書くことができた!
という達成感を得られるので、そこで力尽きない様
自分のイラストを描くモチベーションは保つ様に
調節してあげるといいかなと思います。

 

トレース練習は、

良い作品の線の動きや作風を知るためにやる

これを意識して呼んでくれれば嬉しいです。

 

トレース練習のやり方。簡単なイラスト上達法4つ

 

基本的にはデジタルのトレースを
想定して解説してますのでご了承ください。

 

多少アレンジすれば
アナログ環境でもできます。

難易度1、線画をなぞる

ごく一般的なやり方かつ簡単なので
難易度は1です。

 

線画のどんなところが
トレースする作品の魅力を引き出しているのか
観察しながらなぞります。

 

この時、ちゃんと頭の中で、
何のためにここに線があるのかを考えたり、
なぜこの様な線の引き方になったのか分からないところを含めて
意識しながら描いていきます。

難易度2、色を真似る

 

配色や、影、ハイライト含めて
上に重ねてきます。

 

この時はレイヤー効果は考えなくていいです。
あくまで作品内の色と光と影を意識する練習です。

 

厚塗りと呼ばれる方法に近いかもしれませんね。

難易度3、レイヤー効果を考えながらなぞる

 

レイヤー効果ごとに分けながら
トレースしていく方法です。

 

トレス元の作者さんがメイキングを公開していれば
その通りにやってみて欲しいのですが、
想像でやってみても構いません。

基本暗くなるか、明るくなるかの
どっちかなので、
調べればすぐにわかると思います。

 

例)
影:乗算レイヤー
光:ハイライト
くらいシンプルにしてもいいです。

 

考えることが
肝心です。

おまけ、オリジナルキャラを描く

 

これはお好みですが、
練習であれば
オリジナルキャラを投影させてみるのもいいと思います。

 

ただ、元々自分の手元にある創作キャラだと
頭身が合わなかったり、
作風によって違和感が出るかもしれません。

 

トレースの際にうみだしたキャラクターを
描いてみるといいと思います。

 

なぞって描いた部分と、想像で描いた部分に
どれくらいクオリティの差があるかにも気を配るといいでしょう。

トレース練習のために必要な道具など

 

トレース元の作品、紙、ペンの3つがあれば
トレース練習が可能です。

デジタルトレース

 

パソコン、スマホなどがあれば簡単です。
手間なくできるので筆者はこちらをお勧めします。

線画なら元絵の不透明度を
下げて(透けさせる)なぞればOKです。

アナログトレース

 

紙にトレス元の絵が透ければいいです。

 

・太陽光を使って窓で描く、

・トレース台を使って光を当てる

・トレーシングペーパー(薄紙)でトレース、

・ミラー反射をつかう

などの方法があります。

トレース練習で身に付くスキル5つ

 

トレース練習はやり方次第で
たくさんのスキルが身につきます。

 

その中でも特に効果がある部分を
紹介したいと思います。

力加減が身に付く

 

指や腕に力が入り過ぎてることって多いです。

 

トレース元の絵に近づけるには、
力の入り抜きもおのずと必要になるので、
ほとんど力を入れずに描いていいんだなということが
感覚に染み込んでいきます。

 

プロ又は上級者の視点が身に付く

 

プロの描いた作品を真似るので
知識、経験、成長は圧倒的だと思います。

 

何を目立たせようとしているのかとか、
どんなところは簡単に描いていいのか、
イラストから直接教えてもらえます。

観察力が身に付く

 

トレースという簡単な方法のわりに
注意深く見ないと雑なトレスになることがあります。

 

良く見て、正確に描く意識をすれば、
集中力は勝手についてきます。

色彩構成が身についてくる

 

色彩学や、配色の本みるより
実践レベルで色彩構成や、
感覚が身についていきます。

(色彩学や配色の本も大切です)

個性を理解する力が身に付く

 

イラストレーターさんによって、
作風が違うのはパッと見でわかるのですが、

 

では、どこがどのように個性を出していのかというと、
見ているだけでは気づけない部分がたくさんあります。

 

イラストの基本を守っている部分と、
その人の特徴が表れている部分、
外部から影響を受けている部分が

 

どのイラストレーターさんにもあるので、
多面的に観察することで、
個性を理解していくことができます。

 

個性というものがわかると、
少しずつですが

 

じぶんのイラストの個性と、
ただの違和感との違いも見えてくるようになります。

 

(プロも初心者も、個性とイラストの違和感の違いは
分からなくなったりするものです、感度を上げることが大切です)

トレース練習で必要なポイント

 

ポイントを押さえるだけでも

効果は劇的に変わっていきます。

完全に真似る

 

適当に済ませると、効果が出ません。

 

全て書きらなくていいですが、
工程ごとに区切りをつけて
練習するのがいいかなと思います。

 

線画トレスも腕は難しいからやらなーいとかやってしまうと、
知識や経験に偏りが出てきます。

 

線の太さも、一つの線の長さも全て真似ることで
理解が深まります。

 

理想のイラストがもう一つ複製された気持ちで
取り組むといいです。

自分のレベルに合わせて練習法を変えること

 

上の方でも言いましたが、
トレースにもある程度難易度の差があります。

 

何がたりてないかを見極めながら練習します。

初心者のトレース練習法

 

線画だけなぞってもいいし、
影の位置を把握するために影だけ塗りつぶしてもいいし
色を理解するために色だけなぞってもいいです。

 

知ることを優先してみてください。

 

あーこうなってんのね。
と理解することが大事です。

中級者以上のトレース練習法

 

トレースしなくてもある程度上手く描けるよーとか
模写してるよーという人などは

 

模写の前にサクッとトレスしてみるが
おすすめかなと思います。

 

線の流れや感覚を理解した上で
模写するとさらにいい感じに描けると思います。

 

準備運動がてらって感じです。

トレース練習のやり方まとめ

 

丁寧になぞる。以上。

 

 

楽しく気楽にやるのが一番です。
力むと余計な力が入って
良いものができなくなってしまいます。

 

いろいろ書きましたが、
とりあえずやってみるか!という気持ちが
あってこそです。

 

良く分からんけどやってみるわ!の精神で!

効果的な画力アップ法を詰め込んだ書籍を読めます

私は、美大在学中から
イラストレーターとして活動しています。

もとから、才能があったわけでも
環境に恵まれていたわけでもありません。

もともと、大学に入るまで
スマホも持ったことがないような環境だったし、
自分自身行動の遅い人間でした。

そんな私でも、デジタルイラストに出会って、
少しの間だけ
頑張って真剣に取り組んだところ、
すぐに画力をあげることができました。

その画力アップを学ぶ過程で、
人に感動を与える方法、
戦略の立て方、
イラストを使ってものの価値を高める方法など
学校では習えないことを知ることができました。

この経験から、うまれる環境は選べないとしても、
知識を取り入れ、正しい方法で学び、成長すれば
だれでも、画力を武器にして活躍できると確信しています。

そして、そう言う人間が増えていったら、
クリエィティビティに溢れた人でいっぱいになって
より楽しい世の中になっていくと本気で思っています。

そう言った理念から、
私がどのように画力アップに取り組み、
落書きレベルから今の画力を手に入れたのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

現在、メルマガの中で
その書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
15分くらいでサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

「成功を掴み取るための画力アップ法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNSなどでシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました