たった1人に喜ばれるイラストは多くの人に喜ばれる

マインド

どうも、ハルタローです。

 

今回は、
イラストの評価を伸ばしたい人、や
ファンを増やしたい人向けに書いています。

 

 

それでは行ってみましょう。

誰のためにイラストを描いている?

 

 

あなたは誰のためにイラストを描いていますか?

 

・自分のため?

・友人のため?

・ファンのため?

・仕事のため?

いろいろあると思います。

 

わたしも、趣味でイラストを空いている時が多々あって、
評価されたいなーと思いつつ、
自分の好きな物だけを詰め込んでいるので、


自分にしか理解できない作品を
完成させてしまうことがよくありました。 

 

ただ、「人に刺さる絵」を描きたいのであれば、
だれか1人のためだけに描いてみて欲しいのです。

 

たった1人の為だけに描いたイラストは
大きな爆発力を持っています。

もちろん自分以外のだれか、ですよ。 

 

 

それでは詳しくお話していきましょう。

 

 

1人が求めるモノは世間にも需要がある

 

世の中にはたくさん物が溢れていて、
たくさん人がいて、

 

SNSや動画のサイトが勢力を増したことで、
趣味一つを取っても様々な形に多様化していきました

 

ひとりひとりが全く異なる
趣味や思想を持っている時代ですよね。

 

 

趣味の界隈を覗いてみれば、
どんなにマイナーなものでも
そこには100人~1000人くらいの同士がいて、
同じ喜びを分かち合う人たちがいるわけです。

 

とすると、
たった1人を喜ばせるイラストは、
その後ろにいる同士たちを最低でも100人は
喜ばすことができるのです。

 

どうすれば評価される作品が作れるのかと
悩んでいる人には朗報ですよね。

 

ペルソナを作る

 

良いイラストを描くには、
ペルソナを作るとサクサク進めることができます。

 

ペルソナとは、
架空の人物設定のことです。

 

自分で好きなようにアイデア出しをしていると、

可愛いのも描きたい、
かっこいいのも描きたい、
面白いのも描きたい


と一つの作品にいろいろ詰め込んでしまうことがあるのですが、

 

このペルソナを設定してあげることで、
作品のテーマを整えてあげることができます。

 

これは、完全に架空の、人物でも良いですし、

実在する人をモデルにして設定しても大丈夫です。

実在する人を何人か組み合わせてみるのも良いと思います。

 

例えば、
架空の人物を設定してみましょう。

 

名前:佐藤 ゆう子 さん

性別:女性

年齢:20歳

職業:大学2年生(四年制)

古着屋でアルバイト

生い立ち:両親と妹と四人暮らしで結構仲良し。
猫を1匹飼っている。家族全員が愛猫家である。
小さい頃は何かと妹に譲ることが多かった。
小さい頃からファッションに興味があった。

好き:ファッション。
サブカル系の古着
ウィンドウショッピングもよくする。
原宿や、高円寺を中心に遊びに出かける。
たまにイラストを描いたり、展示会に行ったりしている。
音楽。ヨルシカとか。
定期的に女子会を開くこと。
怖いもの。スプラッタ系など
黒、青、などが好き。

嫌い:虫が嫌い。道端で虫がいたらその場からすぐ逃げる。
注射は貧血を起こす。
ぶりぶりした可愛いもの。
高いところがきらい。
運動音痴なのでスポーツは好きじゃない。
ピンクはきらい。

 

と、今適当に考えて書き出してみたんですが、

これくらい描くだけでも、
こういう人って実際にいそうだし、

この人物の好きそうなイラストのジャンルが
見えてきましたよね。

 

ここから、
この人が喜びそうなイラストを描くとしたら、

 

サブカル系ファッションに焦点を当てたイラストで、
ダウナーさとスプラッタな感じを取り入れた
イラストができると思います。
全体的には薄暗さのあるイラストになるかなーと。

 

と、こんな感じで
人物のプロフィールを想定して描いてみると、

好き、嫌いなどがはっきりと固定されて、
テーマを決めたり、
ジャンルを固定させたい時に
大いに役に立ちます。

 

またこのように的を絞ったイラストは、
結構普段からこういうジャンルが好きって
わけじゃないよーという人にも

刺さるという魔法のような効果があります。

 

ふとSNSのタイムラインに流れてきただけでも、
「あ、なんかこれ良いイラストだな」と
いいねしちゃったりするのです。

 

なぜこうゆう現象が起こるかというと、
普段古着などのファッション、
ダウナー系のイラストに興味がなくても、

 

ある程度キーワードとかテーマがはっきりしていると
記号化されていて、誰からみてもわかりやすいからです。

 

ペルソナを作ってあげるだけで、

・需要があり、

・わかりやすい

イラストができるので、

あなたのイラストをみてくれる人は格段に増えていきます。

 

これをしっかりと作っている人は
なかなかいませんので、

ちょっと取り入れるだけで
差がつくのは歴然ですよね。

 

 

まとめ

 

 

・だれか1人に喜ばれるイラストは
たくさんの人に喜ばれる。

それはどんなものでも、趣味でも、
一定数の需要があるため。

 

・ペルソナを作って、
その人物が好きなイラストを描いてみよう。

ペルソナは架空の人物でも、
実在の人物をモデルにしても良い。

 

・ペルソナを作ることで、
イラストが「需要」と「わかりやすさ」で構成される。

 

テーマが固定されるので
普段は違うものが好きなひとでも、
これは良いなと思うきっかけになる。

そして、さらにあなたのイラストを
みてくれる人が増えていく

 

、という構造になります。

 

イラストをもっとたくさんの人にみて欲しいなと
悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

効果的な画力アップ法を詰め込んだ書籍を読めます

私は、美大在学中から
イラストレーターとして活動しています。

もとから、才能があったわけでも
環境に恵まれていたわけでもありません。

もともと、大学に入るまで
スマホも持ったことがないような環境だったし、
自分自身行動の遅い人間でした。

そんな私でも、デジタルイラストに出会って、
少しの間だけ
頑張って真剣に取り組んだところ、
すぐに画力をあげることができました。

その画力アップを学ぶ過程で、
人に感動を与える方法、
戦略の立て方、
イラストを使ってものの価値を高める方法など
学校では習えないことを知ることができました。

この経験から、うまれる環境は選べないとしても、
知識を取り入れ、正しい方法で学び、成長すれば
だれでも、画力を武器にして活躍できると確信しています。

そして、そう言う人間が増えていったら、
クリエィティビティに溢れた人でいっぱいになって
より楽しい世の中になっていくと本気で思っています。

そう言った理念から、
私がどのように画力アップに取り組み、
落書きレベルから今の画力を手に入れたのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

現在、メルマガの中で
その書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
15分くらいでサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

「成功を掴み取るための画力アップ法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNSなどでシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました