イラストの評価が気になる時の解決法3つ

描き方

どうも、ハルタローです。

 

今この記事を読んでいる人は、
自分のイラストの評価が気になる、、という悩みを
かかえてるんじゃないかと思います。

 

これって誰にでもある悩みだし、
悩めば悩むほど
深みにハマってしまう
問題でもあります。

 

SNSは基本的に評価の数が
誰にでも見れるようになっていて、

 

同じモチーフを描いていても
人気のある人は数千いいね〜数万いいねがついていて
自分は全然思ったほどいいねがもらえない。

もしくはいいねはもらえても
全然リツイートしてもらえない・・・。

 

そんなことがあると思います。

 

数値化されることもあって
すごく落ち込んでしまう気持ち、
わかります。

 

 

これを解決するための
方法は3つあります。

 

 

どれか一つでも行動に移すことができれば
悩みは解消されていくんじゃないかと思います。

 

 

それでは解説していきますね。

SNSの評価は主にフォロワーの1割である

 

評価がもらえないよ・・・どうしよう。と
悩む前に、

 

「SNSの評価数は基本的にフォロワーの約1割である」

これを知っておいて欲しいのです。

 

しかも、ツイッターになると
タイムラインでどんどんツイートが流れていくので
どんどんスクロールされていったり、
新着ツイートの更新で
あなたのイラストが
埋もれてしまうことはざらにあります。

 

そういったプラットフォームの特性を考えると
イラストにいいねをつけてくれる人は1割以下になり、

 

さらにそれが好みに引っかかるか、
流行りのものであるかを考えると
さらに良いねを押す確率は減っていきます。

 

また、忘れないで欲しいのですが、
あなたの絵を気に入ったと思っても
いいねやリツイートをしない層っていうのが
一定数います。

 

そう言う人は、
基本的に見ただけで満足していたり

 

スクリーンショットや、
画像を保存するボタンを押して、
自分の画像フォルダに保存しています。

 

それで、定期的に自分の画像フォルダを
確認して楽しむ人も結構多いんです。

 

じゃあ、約1割の良いねって
誰がつけてくれているのかと言うと、

 

・一言二言でも交流をしたことがある人、

・描いたイラストのジャンルが好きな人

・いいね魔(ファボ魔)

・その作品に共感を覚えた人(漫画系が強い)

 

の大体4つのグループに分けることが
できるのです。

 

じゃあ、イラストをかいているなら
まずはいろんな人と交流を深めれば

 

・一言二言でも交流をしたことがある人、を
増やしていくことができるんですよね。

 

返信(リプライ)をするのが苦手なら
その人の描いている素敵な作品をいいねして
みるだけでも

 

あれ、このいいねをくれた人は
どんな人なんだろう?と
覗きにきてくれることがあります。

 

それで、あなたの作品を見て
いいねをしてくれる確率って
すごく高いんですよね。

 

 

もしかしたら、
イラストを投稿しただけで
勝手にいいねがついてほしい!
っていうのが理想かもしれませんが、

 

SNSってコミュニケーションツールなので
お互いに関わり合っていかないと始まらないんですよね。

 

現実で、仲良くしたい子や、
好きな相手には
優しくしたり、親切にしますよね。

 

で、そうやって仲良くなった人が
何か手助けをしてくれたり
与えてくれたりするのです。

 

SNSも同じことで、
何かが欲しいと思うなら、
親切にして、仲良くなるっていうのが
先なんですよね。

 

何かがほしければ、まずはじぶんから
与えていく必要があるのです。

 

 

他人のイラストを見直しする

 

基本的に二次創作をすれば

既存のファン層に届けば
バズっていきます。

 

それでもイラストが評価されないなあ
と悩んでいるときは

 

自分のイラストはいったん放っておいて、

 

他人のイラストの良いところ、悪いところを
分析すると、すごい発見があります。

 

そもそも自分の悩みってどのように解決すれば
いいのかわからなくなることが
ほとんどです。

 

この世で一番冷静に物事を判断できるのって
「第三者」なんですよね。

 

こういっちゃうとつめたくきこえますが
自分に関係がないから、
すごく冷静に客観視することができるんです。

 

 

すごくバズっているイラストの研究も
もちろんなんですが、

 

あまりバズっていないイラストや
自分と同じジャンルで、同じくらいのいいねがついたイラストを
こうしたらもっとよくなるんじゃないか?と

 

先生になった気持ちで
添削してみると良いです。

 

イラストの添削だけじゃなくて、
その時のフォロワーの数とか、
投稿された時間帯まで

 

チェックできれば、
正解は見えていきます。

1ヶ月間継続する

 

力技ですが、
描けば描くだけ
ファンは増えていきます。

 

どんな人気のイラストレーターも
毎日ではないかもしれないけど、
何年も継続して投稿を続けているんですよね。

 

イラストを1枚だけ投稿して
全然いいねがこない、、と

 

嘆いたりしている人もいますが、
それはすごく当たり前のことなんです。

 

プロのイラストレーターも
ツイートをさかのぼると
全然いいねがついていなかったりします。

 

SNSって、上手くても
いいねがつかないことはザラにあるのです。

 

で、ここで試して見て欲しいことがあるんですけど、

 

1ヶ月間毎日、
カラーイラストを投稿してみると
びっくりするほど反応がよくなっていきます。

 

ちなみにファンも増えます。

 

1ヶ月間連続でカラーイラストを投稿し続けられる人って
マジで少ないです。

 

これを読んでくれた人でも、
実際に行動に移す人は5%もいないと思います。

 

それでも頑張って続けた人は、
イラストが上手くなるし、
ザイオンス効果と言うものが
強く働くのでいいことづくしになります。

 

ザイオンス効果とは
別名、単純接触効果って呼ばれているんですが、

 

つまり、会えば会うほどその人のことが
好きになっていく、っていう意味です。

 

 

あなたのイラストをみる機会が多ければ多いほど
あなたのことを覚えるし、
ファンになっていくっていく
魔法のようなことが起きるのです。

 

これはめちゃめちゃ使えます。

 

使えるのにみんなやらないんです。

 

 

まとめ

 

だから、今がチャンスです。

 

家にいるけど、
ついついスマホをいじってしまう人、
ちょっと起き上がって
イラストを描いてみるんです。

 

落書きばかりになって、
なかなか投稿ができない人、
ちょっと気合を入れてカラーにしてみるんです。

 

それだけで、
めちゃめちゃ成長します。

 

 

一歩踏み出すだけでいいんです。

 

今とは違うことをするだけで
新しい部分が見えてきます。

 

一緒にがんばっていきましょう。

効果的な画力アップ法を詰め込んだ書籍を読めます

私は、美大在学中から
イラストレーターとして活動しています。

もとから、才能があったわけでも
環境に恵まれていたわけでもありません。

もともと、大学に入るまで
スマホも持ったことがないような環境だったし、
自分自身行動の遅い人間でした。

そんな私でも、デジタルイラストに出会って、
少しの間だけ
頑張って真剣に取り組んだところ、
すぐに画力をあげることができました。

その画力アップを学ぶ過程で、
人に感動を与える方法、
戦略の立て方、
イラストを使ってものの価値を高める方法など
学校では習えないことを知ることができました。

この経験から、うまれる環境は選べないとしても、
知識を取り入れ、正しい方法で学び、成長すれば
だれでも、画力を武器にして活躍できると確信しています。

そして、そう言う人間が増えていったら、
クリエィティビティに溢れた人でいっぱいになって
より楽しい世の中になっていくと本気で思っています。

そう言った理念から、
私がどのように画力アップに取り組み、
落書きレベルから今の画力を手に入れたのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

現在、メルマガの中で
その書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
15分くらいでサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

「成功を掴み取るための画力アップ法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNSなどでシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました